GLOBAL
     

ニュースリリース・お知らせ

7/1「米の品質診断 "コメドック"」サービスを開始

2018.06.28

No.18-017 / 2018年6月28日

7/1「米の品質診断 "コメドック"」サービスを開始

― 12/25まで特別価格キャンペーン実施 ―

news180628-1.jpg

コメドックロゴ

 サタケ(本社:広島県東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は7月1日より、米の品質・価値の数値化および改善提案などを行う新サービス、「米の品質診断 "コメドック"」を開始します。なお、サービス開始を記念して12月25日まで特別価格キャンペーンを実施します。  

 2020年開催の東京五輪・パラリンピックの選手村で提供される農産物の調達基準に、農業生産工程管理(GAP)の認証取得が条件となるなど、市場が要求する食の安全・安心への取り組みは加工・流通者から生産者へと拡大しており、この流れはますます加速していくと予測されます。  

 新サービスの主な対象は、精米加工業者などの加工・流通者およびJA、農業法人や担い手農家などの生産者。米の品質・価値に関わる各項目を数値化した分析結果をもとに、品質管理方法や調製機械のメンテナンスといった具体的な改善提案を行うなど、米づくりの高品質・高付加価値化に寄与することを目的としています。「残留農薬簡易分析(68成分)・重金属分析・DNA品種鑑定・食味分析」の4種類の分析サービスを基本セットとし、オプション項目として「残留農薬分析(234成分対応)」・「放射性物質分析」・「外観品質分析」が選択可能です。納期は検体受領日の翌日から7営業日以内。    

 サービス開始を記念して、2018年7月1日から12月25日お申し込み分まで特別価格キャンペーンを実施します。(別紙参照)    

詳しくはサタケウェブサイトの「米の品質診断 コメドック」をご覧ください。
"https://satake-japan.co.jp/products/analyze/komedoc/000242.html "  
 

以上

別紙

米の品質診断 コメドックについて

■概要

1.分析日数

検体受領日の翌日から7営業日以内

2.検体の種類

玄米・精米

3.必要検体量

500g以上

4.分析項目および料金表

分析項目通常料金キャンペーン価格
(7/1~12/25お申込み分)
基本セット ①残留農薬簡易分析(68成分)
②重金属分析(カドミウム)
③DNA品種鑑定(定性分析)
④食味分析(米粒食味計)
32,000円 25,000円
オプション ⑤残留農薬(234成分対応への追加料金) 35,000円 20,000円
⑥放射性物質分析(放射性セシウム) 6,000円 4,000円
⑦外観品質(穀粒判別器) 2,000円 1,500円

※上記は全て税抜価格

以上

(本リリースへのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)
※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

一覧へ戻る