GLOBAL
     

沿革

1896年-1969年

1896年

(明治29年)

  • 日本で最初の動力式精米機
    初代社長佐竹利市が日本で最初に動力精米機を考案し、生産販売を開始。

1908年

(明治41年)

  • 竪型研削精米機を開発、吟醸酒を誕生させる原動力となった。

1940年

(昭和15年)

  • 2代目社長佐竹利彦が学界初の体系的精穀理論を発表。今日の工学的精米理論の基礎となる。

1944年

(昭和19年)

  • 佐竹利市が精米機の発明改良につくした功績により、斯界初の藍綬褒章を授与された。

1950年

(昭和25年)

  • 佐竹利彦が精穀機発明の功績で藍綬褒章を授与された。

1955年

(昭和30年)

  • パールマスター精米機
    食糧用パールマスター精米機発売。脚光を浴びる。

1956年

(昭和31年)

  • ワンパス精米機
    農家用ワンパス精米機発売。脚光を浴びる。

1957年

(昭和32年)

  • パールマスター精米機とワンパス精米機が業界初のグッドデザイン賞(Gマーク)受賞。

1958年

(昭和33年)

  • 佐竹利市が科学技術の振興に尽くした功績により、勲四等に叙せられた。

1962年

(昭和37年)

  • コンパス精米機
    コンパス精米機を発売し、政府の精米集中化政策の礎を築き、大型精米設備の独占供給を開始。

1963年

(昭和38年)

  • 農林省指定モデル精米工場(30工場)全てをサタケコンパス精米機が独占受注。

1964年

(昭和39年)

  • 日本初のカントリーエレベーター
    政府指定のモデルプラントである本邦初のカントリーエレベーター(3か所)すべてをサタケが独占受注。
    • 佐竹鉄工株式会社を設立。

1965年

(昭和40年)

  • モータ直結の農家用モーターワンパス精米機を発売。

1966年

(昭和41年)

  • 従来の10倍の乾燥速度を持つテンパリング乾燥機の開発に成功。

1968年

(昭和43年)

  • 株式会社東北佐竹製作所を設立。

1969年

(昭和44年)

  • 綱領制定。

1970年-1999年

1971年

(昭和46年)

  • 農家用米選機ライスグレーダーを発売。

1974年

(昭和49年)

  • 籾摺機ライスマスター
    籾摺機の革命と呼ばれる揺動選別方式のライスマスターを発売。

1980年

(昭和55年)

  • SATAKE USA INC. を設立。

1982年

(昭和57年)

  • 佐竹利彦が科学技術振興に尽くした功績により、勲三等に叙せられた。

1984年

(昭和59年)

  • サタケ技術振興財団を設立。

1986年

(昭和61年)

  • 食味計
    世界初の食味計測システム「食味計」を開発。
    • SATAKE (THAILAND) CO., LTD.を設立

1988年

(昭和63年)

  • 佐竹利彦が東京大学から農学博士号を取得。

1989年

(平成元年)

  • 佐竹利彦、東広島商工会議所初代会頭に就任。
  • 世界初の高始動特性三相交流電動機を開発。

1991年

(平成3年)

  • 3代目社長佐竹覚が科学技術長官賞を受賞。
  • SATAKE UK LTD. を設立し、製粉機分野に進出。

1993年

(平成5年)

  • 佐竹利彦が東京農業大学から名誉農学博士号を授与された。

1994年

(平成6年)

  • JLPGA 公認サタケジャパンクラシックを主催。
  • 英国マンチェスターにサタケ穀物科学研究所を設立。
  • 常陸宮同妃両殿下のご行啓を賜る。

1995年

(平成7年)

  • マジックライス新発売。
  • 佐竹利彦が広島大学から名誉博士号を授与された。

1996年

(平成8年)

  • 佐竹覚がマンチェスター工科大学から名誉工学博士号を授与された。
  • 10億円の基金を提供し、広島大学後援会を設立。
  • 三笠宮寛仁親王妃信子様のご行啓を賜わる。

1997年

(平成9年)

  • マジックライス工場
    マジックライス工場竣工。

1998年

(平成10年)

  • 佐竹覚、社団法人日本食品機械工業会会長に就任。
  • 中国にて佐竹機械(蘇州)有限公司開業。
  • 佐竹覚、東広島商工会議所会頭に就任。
  • 「ISO9001」の認証取得。

1999年

(平成11年)

  • 佐竹覚、中国糧油学会の名誉副理事長に就任。
  • ブラジル国に SATAKE AMERICA LATINA LTDA. を設立。

2000年-2017年

2000年

(平成12年)

  • 佐竹覚が東京大学から工学博士号を取得。
  • 無洗米製造装置「ネオ・ティスティ・ホワイト・プロセス」を発表。
  • 食品産業優良企業表彰において農林水産大臣賞を受賞。
  • 佐竹覚が勲五等に叙せられ、双光旭日章を受章。

2001年

(平成13年)

  • 乾燥機「マジックドライヤー」発明功労賞を受賞。
  • 4代目経営者 佐竹利子が広島大学から名誉博士号を授与された。
  • 佐竹利子が広島大学後援会理事長に就任。
  • 社名を「株式会社サタケ」に変更。
  • 佐竹利子が社団法人発明協会理事に就任。

2002年

(平成14年)

  • 佐竹利子に米国ルイジアナ州立大学より特別評議員の称号授与。
  • 故佐竹覚が農業機械学会の森技術賞を受賞。
  • 佐竹利子が中国新聞社の中国文化賞を受賞。

2003年

(平成15年)

  • 「サタケメモリアルホール」設立支援。
  • 日本赤十字社より「金色有功章」授与。
  • 「ISO14001」の認証取得。

2004年

(平成16年)

  • 中国蘇州工場増設竣工。

2005年

(平成17年)

  • 佐竹利子が京都大学から農学博士号を取得。
  • 「サタケ八重山ヤシ記念館」設立支援。
  • 広島大学との包括契約に調印。
  • クリスタルラボラトリー竣工。
  • 「お米の学校」をスタート。

2006年

(平成18年)

  • 「ISO/IEC17025」試験所認定取得。
  • インドニューデリー市に SATAKE INDIA ENG.PVT.LTD を設立。
  • ファミリー・フレンドリー企業表彰において「厚生労働大臣優良賞」を受賞。

2007年

(平成19年)

  • サタケ・インターナショナル・バンコクを開設。
  • 佐竹利子、南カリフォルニア大学より功績賞を受賞。
  • 「ISO/IEC27001」の認証取得。

2008年

(平成20年)

  • GABA生成装置を開発。
  • サタケ「にっけい子育て支援大賞」を受賞。
  • 選別加工総合センターをオープン。

2009年

(平成21年)

  • 佐竹利子が発明協会より「発明奨励功労賞」を受賞。
  • 食味鑑定団の開発で「日本食品工学会技術賞」受賞。

2010年

(平成22年)

  • 現代表・佐竹利子が藍綬褒章を受章
    英国マンチェスターにSATAKE EUROPE LTD.を設立。
    • 佐竹利子が産業振興の功績により、藍綬褒章を受章。
    • 内閣府より「子ども若者育成・子育て支援功労者表彰」を受賞。

2011年

(平成23年)

  • 「ピカ選」が食品産業技術功労賞を受賞。
  • 食品事業本部が「ISO22000」を取得。
  • 楽メシが「新技術・食品開発賞」を受賞。
  • GABAライスで作る手づくりおむすびのショップ「おむすびのGABA」をオープン。

2012年

(平成24年)

  • 韓国の機械メーカー「DAEWON GSI CO., LTD.」と包括的提携契約を締結。

2013年

(平成25年)

  • おむすびのGABA(秋葉原店)
    特許庁より「知財功労賞・経済産業大臣賞」を受賞。
    • おむすびのショップ「おむすびのGABA・秋葉原店」をオープン。

2014年

(平成26年)

  • おむすびのGABA(そごう広島店)
    おむすびのショップ「おむすびのGABA・そごう広島店」をオープン。

2015年

(平成27年)

  • おむすびのGABA(ワイキキ店)
    おむすびのショップ「おむすびのGABA・ワイキキ店」をオープン。
    • 「無洗米GABAライス」機能性表示食品届出が公表(受理)。

2016年

(平成28年)

  • おむすびのショップ「おむすびのGABA・台湾姉妹店」をオープン。

2017年

(平成29年)

  • 豊栄くらす・豊栄ごはんくらすオープン。

2018年

(平成30年)

  • 「おむすびのGABA・西条店」をリニューアル、「豊栄おむすびくらす」としてオープン。