GLOBAL
     

ニュースリリース・お知らせ

サービス

米品質診断パッケージ「コメドックごはん」を開始

2019.06.25

No.19-021 / 2019年6月25日

米品質診断パッケージ「コメドックごはん」を開始

― 炊いたときのおいしさや精米の仕上がりを診断 ―

 サタケ(本社:広島県東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、炊いたときのおいしさや精米の仕上がりを診断する、白米の品質診断サービスパッケージ「コメドックごはん」を、7月1日より開始します。また、12月25日まで特別価格で診断するキャンペーンを実施します。

news190625-2-1.jpg
コメドックごはん診断結果報告書の一例

 サタケは、主に玄米を対象とした米品質診断サービスパッケージ「コメドック」を昨年7月に開始しました。以来、新規取引の開拓や栽培管理の改善を目指す生産者などに、サービスをご利用いただいています。さらにこのたび、従来のコメドックに加えて、白米を炊いたときのおいしさや精米の仕上がりを診断する米品質診断サービスパッケージ「コメドックごはん」を新たに開始します。

 「コメドックごはん」では、利用者からお預かりした白米を一定条件で炊飯して診断します。基本セットに含まれるDNA品種鑑定と炊飯食味評価を必須項目とし、オプション項目として精米の仕上がり評価を追加することができます。診断結果については、数値による結果表記に加え、診断結果をもとにした栽培、乾燥調製、精米など各工程の具体的な改善策が報告書に記載されます。産地精米に取り組む生産者や中小精米卸業者など白米の販売者は、顧客からのクレーム原因究明や製品品質の向上に繋げることができます。「コメドック」「コメドックごはん」両方合わせて、年間1,000件の受託を目指しています。

 また、「コメドック」については1年間の実績と利用者の声を踏まえ、診断項目を一部入れ替えます。なお、7月1日から12月25日まで「コメドック」および「コメドックごはん」それぞれ、特別価格で診断するキャンペーンを実施します。(詳細は別紙を参照)


以上

別紙

米品質診断サービスパッケージ
「コメドック」「コメドックごはん」の詳細

1.サービス概要

  news190625-2-2.jpg news190625-2-3.jpg
検体の種類 玄米、白米 白米(玄米※1)
必要検体量 500g以上
診断日数 検体到着日の翌日から7営業日以内
診断項目基本セット ①DNA品種(定性分析)
②内観品質(米粒食味計)
③外観品質・形状(穀粒判別器)
①DNA品種(定性分析)
②炊飯食味(食味鑑定団)
オプション ④残留農薬(68成分)※2
⑤残留農薬(237成分)※2
⑥重金属(カドミウム)
⑦放射性物質(放射性セシウム)
③精米の最適仕上がり
 (水分、白度上昇、精白度)
④精米の外観仕上がり
 (穀粒判別器、目視)

(※1)コメドックごはんのオプション診断には、白米と原料玄米の両方が必要。
(※2)残留農薬の診断については「68成分診断」と「237成分診断」のいずれか1つを選択。

2.診断料金

■コメドック

診断項目通常価格キャンペーン価格
基本 ①DNA品種
②内観品質
③外観品質・形状
17,000円 10,000円
オプション ④残留農薬(68成分) 15,000円 11,000円
⑤残留農薬(237成分) 40,000円 30,000円
⑥重金属 2,000円 1,800円
⑦放射性物質 6,000円 4,000円

■コメドックごはん

診断項目通常価格キャンペーン価格
基本 ①DNA品種
②炊飯食味
27,000円 20,000円
オプション ③精米の最適仕上がり 3,000円 2,000円
④精米の外観仕上がり 5,000円 4,000円

3.キャンペーン期間

コメドック・コメドックごはんいずれも、2019年7月1日から2019年12月25日まで。

以上

(本リリースへのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)
※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

一覧へ戻る