GLOBAL
     

ニュースリリース・お知らせ

冷凍GABAライスおむすびを販売開始

2019.05.16

No.19-017 / 2019年5月15日

冷凍GABAライスおむすびを販売開始

― 自然解凍でも美味しい米飯を全国へ発送 ―

 サタケ(本社:広島県東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は5月15日、GABAライスなどで作った冷凍のおむすびやご飯、惣菜の販売を開始しました。

news190515.jpg
販売サイトのトップページ

 サタケはGABA(γ-アミノ酪酸)を通常の米より多く含むGABAライスの普及を目的とし、東京や広島などに飲食店を5店舗展開しています。店舗ではGABAライスを使用したおむすびや定食を提供していますが、他県の方々にもGABAライスを食べていただきたく、冷凍した商品を販売することにしました。
 商品はおむすび各種、GABAライス、惣菜など計25品目を用意。注文を受けてから手作りし、真空パック後に急速冷凍した状態で出荷します。店舗のメニューをもとに開発したオリジナル商品を、作り立ての美味しさを保ったまま全国に宅配便で届けます。
 商品価格は、具材が選べるおむすびが5個セットで1,550円から。GABAライスや黒古代米ブレンドなどの米飯は170グラム入りが5個セットで1,250円から。米粉を使った若鶏唐揚げなどの惣菜は1食入りが860円です。
 商品に使われている米は、サタケ・グループで栽培から加工まで全て管理。原料米の残留農薬検査や商品の衛生検査もISO認定機関であるサタケ穀物分析センターで全て行っており、一貫した品質管理体制で消費者へ安全・安心を届けます。さらに社内で(一社)日本精米工業会・米飯食味評価試験適正者の資格を持つ10名のパネラーが、適時食味官能試験を実施し「美味しさ」も管理。
 商品販売は、専用のウェブサイト「サタケの健食工房」を新設しました。オンライン決済ができるほか、サタケならではのこだわりなども紹介しています。
 初年度売上目標は360万円。今後は新商品の開発などメニュー拡充を図り、次年度の販売は1,000万円を見込んでいます。


以上

別紙

【新ウェブサイトについて】

  • 1. サイト名称:サタケの健食工房
  • 2. アドレス:https://omusubigaba.jp
  • 3. 販売商品:2019年5月15日現在、以下の商品を取り揃えています。
  • (1)おむすび5個セット(1,550円~1,750円)
    米4種類(玄米GABAライス、GABAライス、GABAライスと黒古代米[*1]のブレンド米、GABAライスと金のいぶき[*2]のブレンド米)と具材4パターンが選べます。

    (2)米飯170グラム5個セット(1,250円~1,450円)
    玄米GABAライス、GABAライス、GABAライスと黒古代米[*1]のブレンド米、GABAライスと金のいぶき[*2]のブレンド米の4種から選べます。

    (3)惣菜(860円)
    若鶏の米粉唐揚げ(韓国風うま辛ソース)、若鶏の米粉唐揚げ(香味ソース)、野菜と白身魚の甘酢あんかけ、野菜と鶏の甘酢あんかけ、鯖の味噌煮(大根、人参入り)の5種から選べます。

    [*1]黒古代米:栄養、ミネラルを豊富に含む稲の原種
    [*2]金のいぶき:栄養に富む胚芽の大きさが通常の約3倍ある高機能玄米

【商品について】

  • 1. 商品形態:注文後に製造し、急速冷凍後に発送する冷凍流通食品
  • 2. 賞味期限:製造日より2か月

以上

(本リリースへのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)
※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

一覧へ戻る