GLOBAL
     

ニュースリリース・お知らせ

「農業食料工学会・森技術賞」を受賞

2018.09.19

No.18-023 / 2018年9月19日

「農業食料工学会・森技術賞」を受賞

― GABA生成技術の研究に対する顕彰 ―

 サタケ(本社:広島県東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)技術本部・副本部長の水野英則は、9月10日に愛媛大学で開催された農業環境工学関連学会2018年合同大会において、「機能性と美味しさを両立させるγ(ガンマ)-アミノ酪酸(GABA)生成技術」の研究業績に対し「農業食料工学会・森技術賞」を受賞しました。

news180919-1-1.jpg
表彰式にて(左:近藤直会長、右:水野英則)

 農業食料工学会(事務局:埼玉県さいたま市北区日進町1-40-2、会長:近藤直)では、毎年、各種表彰を行っています。このうち森技術賞は(1)農業機械の開発研究(2) 農業機械の試験・測定法又は試験装置の創出 (3)農業機械の利用に関する技術体系の確立 (4)農業施設,食料・生物資源の工学的処理技術等の開発研究 (5)農業施設,食料・生物資源の工学的処理技術等の試験・測定法又は試験装置の創出 (6)農業施設,食料・生物資源の工学的処理技術等の利用に関する技術体系の確立 といった農業食料工学に関する技術の進歩に貢献した具体的成果に対して授与されるものです。


 サタケではこれまで、米が本来持つ機能性成分GABA(γ-アミノ酪酸)に注目し、これを容易に摂取できるようにするためGABA生成装置やGABA生成機能を備えた家庭用精米機の開発に取り組んできました。これらの業績によって、生活習慣病の罹病者や潜在予備患者の健康管理に寄与し、さらには国民医療費の軽減や、米消費拡大による稲作の再構築、水田の多面的機能の維持にも貢献し得る点が評価され、このたびの受賞にいたりました。


 受賞した水野英則は「このたび森技術賞を受賞できましたのも、弊社代表をはじめ、研究開発に関わってくださった皆様のご支援の賜物です。今後も生活習慣病の予防や米消費拡大に向け、尽力してまいりたいと考えております」とコメントしています。

news180919-1-2.jpg
森技術賞の盾

以上

(本リリースへのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)
※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

一覧へ戻る