GLOBAL
     

ニュースリリース・お知らせ

中国「佐竹蘇州工場」創業20周年

2018.12.10

No.18-030 / 2018年12月10日

中国「佐竹蘇州工場」創業20周年

― 中国穀物加工の発展を担ったパイオニア ―

 サタケグループの海外工場である「佐竹機械(蘇州)有限公司(本社:中国・江蘇省蘇州市新区金楓路229号、総経理:陳克菲、以下:佐竹蘇州)」は、本年11月12日に創業20周年を迎えました。

news181210-1.jpg
佐竹蘇州の外観

 1980年頃の中国の精米工場は、自動化されていない精米機器が多く、サタケ(本社:広島県東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、中国向けに全自動の精米機器の販売を企図し、北京市に営業事務所を設立。その後、サタケ製品の需要が高まり、1997年に精米・製粉機械設備および色彩選別機の製造・販売を目的とした「佐竹蘇州」を設立しました。

 2004年に工場を増設し、中国国内だけでなく、アジア・欧米・アフリカなど国外への輸出を拡大。現在、サタケグループの主要生産拠点として中核を担っています。また、中国全土への販路拡大のため、蘇州に加えハルピン・長春・佳木斯・瀋陽・武漢・西安・成都・広州の8都市に営業拠点を設立するなど、営業推進にも力を入れています。

 創業20周年にあたり、陳克菲総経理は「佐竹蘇州は、11月12日に創業20周年を迎えることができました。創業当初から今日まで、弊社を取り巻く環境やお客様の求めるものは大きく変わってきましたが、節目の年を迎えることができたのは、お客様や行政機関などのご支援の賜です。今後も初心を忘れず、精進致します」とコメントしています。

 今後、佐竹蘇州は、圃場から食卓までのすべての精米加工機器に関する高い技術力とサービス力を強みに、創業50周年に向け持続可能な発展を目指します。

以上

別紙

1.会社概要

会 社 名 : 佐竹機械(蘇州)有限公司

所 在 地 : 中国 江蘇省蘇州市新区金楓路229号

代 表 者 : 陳 克菲 総経理

従業員数  : 260人

業   種 : 穀物調製加工機器製造

2.創業20周年記念式典の模様

news181210-2.jpg
創業20周年を記念して全社員による集合写真

news181210-3.jpg
創業20周年記念オブジェの前で記念撮影

以上

(本リリースへのお問い合わせ: TEL 082-420-8501 広報室)
※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

一覧へ戻る