明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

炊飯・食品加工施設

この製品に関するお問合せは
システム事業本部 管理室
TEL. (082)420-8549
FAX. (082)420-0005
ホームページからのお問い合わせ

ギャバ生成装置 GAB1AA/3AA/6AA/9AA

機能性成分(ギャバ)が豊富なお米を加工

GAB外観

注目の機能性成分「ギャバ」

ギャバ(GABA=γーアミノ酪酸)は、血圧調節作用や神経の鎮静、中性脂肪の抑制などといったさまざまな効果への期待が高まっている、今話題の機能性成分です。米など植物に幅広く含まれることが知られています。

胚芽によってつくられたギャバを自然に吸収

ギャバ生成装置は、お米の胚芽部に蓄積されたグルタミン酸からギャバを生成し、胚乳部に自然に吸収させることで、お米が本来保有する栄養素を損なうことなく、機能性成分ギャバを豊富に含んだお米を製造することができます。

美味しく健康づくり

見た目や食味・食感は普通のお米とほぼ変わりなく、日々の食生活の中で美味しく健康づくりをしていくことができます。

構造図と機能性成分の比較

仕様

型式 GAB1AA GAB3AA GAB6AA GAB9AA
対象穀物 玄米(水分13.0〜15.0% 胴割れが少ないもの)
処理量(玄米比重840kg/m3) 1.0t 3.0t 6.0t 9.0t
処理時間 約20時間/1バッチ(ギャバ生成 約12時間 乾燥  約8時間)

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION