明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

上手な乾燥をするために

1.乾燥後の水分変化に注意して

乾燥直後の籾は、青未熟米の混入率によって水分が変化します。次の表を参考に乾燥停止水分を決めて下さい。


適正水分に乾燥するために(水分15.5%仕上げの場合)

青米粒数(100粒中)乾燥仕上設定水分乾燥停止後の水分変化
0-5粒16.0-15.6%0.5%乾く
6-10粒15.5-15.1%ほとんど変わらない
11粒以上15.0%0.5%戻る

2.適正水分に乾燥しましょう

過乾燥は食味の低下、胴割れを招き米の商品価値が下がるばかりでなく、経済的損失も大きくなります。


過乾燥米の損失金額

仕上水分損失重量1俵当り損失灯油損失電力損失損失合計
14.5%702g140円30円4.5円174.5円
14.0%1,047g209円40円6.0円255.0円
13.5%1,387g277円50円7.5円334.5円
13.0%1,724g345円60円9.0円414.0円

注)仕上げ水分15.5%を基準とし、米価は1俵当り12,000円とした。
  1俵当り水分1%乾かすのに灯油代は20円、電力は3円として算出。


3.生籾水分のバラツキに注意して

個々の生籾の水分を比べてみると、稲株が生えていた場所、穂に付いた位置などの条件により、かなりの水分のバラツキがあることが判ります。 この水分のバラツキが大きい場合は、常温通風の予備乾燥や乾燥途中の調質休止を行って下さい。 水分の均一化が図れると共に胴割れが防止でき、高いお米の品位が確保できます。


4.収穫直後の籾水分のバラツキ


5.適切な刈取り作業の実施

立毛中の胴割れや脱ぷ粒等の被害防止のため刈取りは適期を逃さずに。刈取り開始時刻は乾燥経費と作業能率を考え、籾水分が高い午前は避けて行いましょう。


刈取り適期と被害粒の発生状況

刈取り適期は品種・栽培方法、天候等によって異なりますが、特に登熟期間の温度は、右の図のように、品質に大きく影響し、出穂後の積算温度が900-1100℃の間が目安とされています。また、同一な品種、栽培条件での機械刈り適期は、せいぜい10日間以内です。

ほ場の時刻別籾水分の変化

時刻10:0010:3011:0011:3012:0012:3013:00
籾水分(%)23.722.522.121.319.819.018.5

米の品質面を考慮すると水分22%以下になってからの刈取りがよく、機械の能力を十分に発揮できます。

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION