明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

試験・検査機器

この製品に関するお問合せは
システム事業本部 
産業システム課
TEL. (082)420-8558
FAX. (082)420-0003
ホームページからのお問い合わせ

バラスト水生物検査装置 VOA1000

一粒一粒の色彩や形状を手軽に測定

L、Sサイズの生物個体数を1台で推定。

バラスト水管理条約【正式名称:船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び管理のための国際条約※1】のバラスト水排出基準(D-2基準)で規定されているLサイズとSサイズの生物個体数の推定を1台で行う検査装置を開発。

<測定原理>
①サンプルを測定容器に入れ、染色剤を添加し、生物を染色。 (励起光を染色した生物に照射すると蛍光を発光。)
②染色後、サンプルを回転させながら、検査部分を通過した生物の蛍光を検出器で連続的に測定。
③得られたパルスがしきい値以上ならば生きた生物としてパルスを計数。

※1:バラスト水管理条約が発効すると、IMO(国際海事機関)D-2基準を満たさないバラスト水の排出が規制されます。

IMOに認められた分析方法を採用。

サタケの分析方法「Pulse counting FDA」は、LおよびS両サイズの生物個体数の推定が可能で、IMO(国際海事機関)に認められています。

高精度・高感度。100mL中の生物1個体から検出可能。

<検出パルス>
得られた信号がしきい値以上ならば生きた生物としてパルスを計数。

<測定画面>
計数した個体数を所定バラスト水量当たり(Lサイズ:1m3 、Sサイズ:1ml)に換算して測定結果を表示。

<測定性能>
さまざまな海域の異なる生物相においても高精度な推定が可能。

迅速検査、結果が出るまで約30分。



検査フロー

仕様

名称 バラスト水生物検査装置
型式 VOA 1000
測定対象生物 最小サイズ50μm以上の生物(Lサイズ)および
最小サイズ10μm以上50μm未満の生物(Sサイズ)
センサ 光電子増倍管
測定時間
   (注)
Lサイズ:染色10分、測定1分
Sサイズ:染色30分、測定1分
表示装置 タッチパネルディスプレイ
電源 AC100~240V  50Hz/60Hz
所要動力 60W
質量 約5kg

※注:染色剤(試薬)が別途必要です。

寸法

※注:単位(mm)

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION