明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

試験・検査機器

この製品に関するお問合せは
システム事業本部 管理室
TEL. (082)420-8549
FAX. (082)420-0005
ホームページからのお問い合わせ

圃場生育診断システム「アグリビュー」 AVR4100/4300

生育診断と、収穫前の玄米タンパク予測を高精度に

CCN外観
 

良食味米栽培を支援

食味と収量のバランスを保つための、適切な施肥設計に役立てることができます。

施肥のムダを防止、品質ムラを解消

圃場ごとに、穂肥時期の生育状態をその場で把握できるので、適量施肥により圃場ごとの品質ムラを解消し、環境への影響も抑えられます。

収穫前に玄米タンパク含有率を推定可能

収穫の15日前(注)に、圃場を撮影するだけで、玄米のタンパク含有率予測ができます。これにより、共乾施設では品質毎の仕分け入荷を計画的かつ、迅速に行うことができます。

広域圃場での測定が可能

1か所からの撮影で、最大約100haの撮影・解析ができるので、効率的です。また、デジタルカメラで圃場を撮影し、専用ソフトでデータ解析するだけなので、誰でも簡単に作業することができます。

設備投資、ランニングコストが安価

衛星画像や航空画像を利用する診断方法に比べ、少ない設備投資およびランニングコストで運用できます。

本体タイプ

avr仕様

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION