明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

米の食味分析

おいしさに関するお米の素質を分析します

米の食味分析
 

食味分析とは?

米や炊飯米のおいしさを総合判定します

分析日数

検体到着日の翌日から7営業日以内
※検体数が多い場合は、ご相談ください

検体の種類

籾、玄米、精米、無洗米、炊飯米

必要検体量

500g以上

食味分析の種類と内容
ご飯の食味 炊飯食味計 STA1A (サタケ製)

検体(炊飯米)に近赤外線を当て、食味値(おいしさ)、外観、硬さ、粘り、バランス度を測定します。

お米の食味、成分 米粒食味計 RLTA10A (サタケ製)

検体(お米)に近赤外線を当て、食味値(おいしさ)、アミロース、タンパク質、水分、脂肪酸度を測定します。

ご飯の硬さ、粘り 硬さ粘り計 RHS1A (サタケ製)

ご飯の硬さ、粘り、バランス、弾力性を測定します。

食味鑑定団 炊飯食味計・硬さ粘り計・シンセンサ(すべてサタケ製)

測定結果をもとに、より官能検査に近い総合的な食味評価をおこないます。

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION