明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

米の性質分析

性質分析で、生産・流通段階での品質管理をサポートします。

米の性質分析
 

お米の性質分析とは?

お米は生鮮食品です。美味しくご飯を頂くためにお米の品質を分析します。

分析日数

検体到着日の翌日から7営業日以内

検体の種類

籾、玄米、精米、無洗米

必要検体量

500g以上

性質分析の種類と内容
水分 水分計 PB1D2 (ケット製)、赤外線水分計FD-600(ケット製)

米の水分は、貯蔵性の良否、食味、とう精歩留などの品質要素に関係します。

白度 精白度計MM1D(サタケ製)、白度計C-600(ケット製)

精米のとう精度が高くなるにつれて糠層が薄くなり、外観は白くなります。

濁度 濁度計M-204(野田通信製)

精米に付着している糠等による洗米水の濁り程度が判断できます。

砕粒 テストライスグレーダーTRG05B(サタケ製)

砕粒が多いと炊飯時の食感に影響を及ぼします。

容積重 ブラウェル穀粒計

容積重の大きいものは粒の充実度が高く、とう精歩留、貯蔵性も良くなります。

胴割粒 グレインスコープTx-200(ケット製)

玄米の胴割粒はとう精中に砕米になりやすく、精米の品質と、とう精歩留に及ぼす影響が大きいとされています。

水浸割粒

水浸割粒の多い米を炊飯すると亀裂からでんぷんが流出し、飯粒が崩れることから食感に悪影響(ご飯が「ベチャつく」とか「ダンゴ状になる」など)を与えます。

胚芽残存率

2gの検体を目視にて分析し、胚芽が残存している粒の割合を質量%にて表します。

異種穀粒異物

20gの検体を5ヶ準備し、それぞれカルトンに入れて目視にて分類し、100g中の質量%にて表します。

オプション分析の種類と内容
新鮮度 シンセンサ「新鮮度判定装置」 RFDM1A (サタケ製)

お米の新鮮さを示す指標として「新鮮度」を設定し、その数値によって簡単に鮮度を判定できます。

米外観品質測定 穀粒判別器 RGQI10B (サタケ製)

お米一粒一粒の外観品質を判別して、等級格付けのための客観的データを提供します。

タンパク質組成分析
(低グリテリン)
SDS ポリアクリルアミドゲル電気泳動

電気泳動により、タンパク質を分子量ごとに分離し、組成を分析します。

微生物(菌)分析

一般生菌、耐熱性菌、真菌、大腸菌群、セレウス菌、黄色ブドウ球菌等の分析を行います。また、ISO/IEC 17025で認定登録を受けている包装米飯の無菌試験も対応できます。

※ISO/IEC 17025認定
当社の実施する包装米飯の無菌試験は、(財)日本適合性認定協会(JAB)より、ISO/IEC 17025に基づく認定登録を受けています。

認定登録について

精度管理への取り組み

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION