明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

重金属分析

米のカドミウムの分析(ISO/IEC17025認定)およびスクリーニングならサタケにお任せください

重金属分析
 

重金属分析とは?

ICP質量分析法により、カドミウム、鉛、ヒ素、その他の金属元素を高精度で分析します。
また、米のカドミウム分析限定で、分析料金が割安で迅速に測定できる蛍光X線分析法もあります。

分析日数

検体到着日の翌日から7営業日以内
※ただし蛍光X線分析法のみ、検体受領日の翌日から3営業日以内

分析可能な検体の種類

米(玄米・精米・加工米、加工米飯)、水、その他の食品
※ご要望に応じ対応します。お気軽にお問い合わせください。

必要検体量

500 g以上

ISO/IEC17025認定

当社の実施する米のカドミウム分析は、(財)日本適合性認定協会(JAB)より、ISO/IEC17025に基づく認定登録を受けています。

認定登録について

精度管理への取り組み

より速く結果が得られる迅速法

蛍光X線分析による迅速法で、米に含まれるカドミウムを分析します。
ただし、定量範囲が0.10 ppm~0.55 ppmであるため、より精度の高い分析が必要な場合は、ICP質量分析法をお勧めします。

重金属分析の種類と内容
分析方法 種類 分析項目 装置 納期 備考
ICP質量
分析法


その他

カドミウム、鉛、ヒ素、亜鉛、カルシウム、マンガン、鉄、銅、アルミニウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム

ICP質量分析装置7700X(アジレントテクノロジー(株)社製)

検体受領日の翌日から7営業日

米のカドミウムはISO17025試験所認定対象

カドミウム:定量下限→0.04 ppm

蛍光X線
分析法
(迅速Cd)

カドミウム

蛍光X線分析装置SEA1300VX((株)日立ハイテクサイエンス社製)

検体受領日の翌日から3営業日

米のカドミウムはISO17025試験所認定対象

カドミウム:定量範囲→0.10 ppm〜0.55 ppm

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION