明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

異物分析

異物の特定と混入防止の提案を行います

異物分析
 

異物分析とは?

製品の中から、あるいは食品加工工場内で見つかった異物を特定します。(※混入防止の提案も行なっています。)

分析日数

検体到着日の翌日から7営業日以内(異臭米分析は10営業日以内)
※検体によっては日数を要する場合があります。

異物分析の種類と内容
樹脂、ゴム、ビニール、植物等 赤外顕微鏡
フーリエ変換赤外分光光度計

有機物の成分を特定し、選別方法等の設備改善提案をします。

ガラス、金属、石等 分析走査電子顕微鏡
エネルギー分散型X線分光器

無機物の化学成分および金属材料を特定し、選別方法等の設備改善提案をします。

異臭米 ガスクロマトグラフ
質量分析計

官能試験を実施したあと、ガスクロマトグラフ質量分析計で古米臭等の臭いの成分を測定します。

その他(昆虫・種子) 実体顕微鏡

実体顕微鏡で異物を特定し、選別方法等の設備改善提案をします。

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION