明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ヤシ博士トップ

ヤシ博士・佐竹利彦

南国情緒を感じさせる植物の代表といえばヤシ。
そんなヤシの魅力にとりつかれ、趣味が高じてヤシ研究の権威となったのが2代目社長・佐竹利彦です。
彼が発見した新種のヤシは「サタケンチャ・リュウキュウエンシス」という学名が付けられ、彼が残した研究成果は今もなお学術資料として活用されています。
また彼が収集したヤシコレクションの数々は、サタケ広島本社ビルに併設されたヤシ園に植栽されています。

※当サイトの情報は、佐竹利彦が研究していた当時のものであり、最新の情報とは異なる場合があります

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION