明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

お知らせ

2014年9月3日

福利厚生

「ひろしま出会いサポートセンター」の応援企業として登録

 少子高齢化は、今や日本が直面している大きな国家的問題です。このまま推移すると日本の人口はますます減少し、高齢者の数が若者を大きく上回るいびつな年齢構成になるとされています。その少子高齢化の原因として、未婚化、晩婚化、晩産化などが挙げられています。

 そのため、結婚しない(できない?)若者に異性との出会いのチャンスを設けたり、出産後の育児支援などを国、自治体や企業などが取り組んでいます。サタケも、社員の仕事と家庭の両立を支援するため、さまざまな福利厚生を実施しています。社内結婚の推奨もその一つで、結婚による女性の離職を防ぎ、キャリアを延ばしながら仕事と家庭の両立が図られるよう願っています。

 広島県は少子化の大きな要因となっている未婚化、晩婚化への対応を目的とした「ひろしま出会いサポートセンター」を本年8月に立ち上げました。その取組みの一つとして、若者が勤め先として多くの時間をすごす企業に対し、未婚社員に向けた「新しい時代のおせっかい」を一緒に考える「応援企業」を募集しています。サタケもその趣旨に賛同し、8月26日に応援企業として登録されました。

 今回の応援企業の登録について木谷博郁取締役人事部長は、「広島県の趣旨に賛同し、会社としても積極的に支援したい。日頃は、一歩間違えればセクハラやパワハラととられる可能性もあり、社員に異性との出会いや結婚を奨めにくいのが実情だが、県という第三者機関への支援という形であれば取り組みやすい。このようなシステム、機会を通じて結婚する人が増えてくれればと願っています」とコメントしています。

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION