明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

お知らせ

2008年9月2日

生産者向け情報

効率のよい乾燥で燃料灯油を上手に節約!

現在の灯油価格は、1リットル当たり131円と、昨年の約1.5倍以上に値上がりしています。しかし乾燥作業において、ちょっとした工夫で灯油代を節約することができます。特に重要なのは適期刈取りに留意して、穀物水分が高い状態での収穫を避けることです。ほ場での胴割れに十分注意し、できるだけほ場で乾燥させた状態で稲刈りをしてください。

※(財)日本エネルギー経済研究所 石油情報センター発表 8月25日現在全国の小売価格(店頭)平均値

例)初期水分27%のもみを・・・
(1)ほ場で25%まで乾かしてから刈取りし乾燥した場合、
1回の乾燥で およそ1,200円 16%の灯油代削減 になります。
(2)ほ場で23%まで乾かしてから刈取りし乾燥した場合、
1回の乾燥で およそ2,500円 32%の灯油代削減 になります。

灯油代節約のポイント

ほ場での適正水分刈取りのほか、灯油代を節約するポイントがあります。これらのポイントを押えて、環境にもお財布にもやさしい効率のよい乾燥作業を心掛けましょう。

  • ほ場でのもみ水分が低くなる時間帯に刈取りしましょう
    朝一番は、籾水分が一番高いよ!
  • 張込量は、できるだけ満量にしましょう
    少量では乾燥効率が低いよ!
  • 張込後、約2時間ほど送風運転をしましょう
    特に晴れた日中は効果的!表面水分が下がって、水分のバラつきも小さくなるよ!
  • 水分ムラが多くみられるときは、乾燥速度を「ゆっくり」「ややゆっくり」にして乾燥しましょう
    乾燥時間はかかっても、灯油代は「ふつう」のときと ほとんど変わらないよ!
  • 夾雑(きょうざつ)物は、できるだけ取り除きましょう
    夾雑物が少ないほど、乾燥効率が良くなるよ!
  • 夜間は休止乾燥をしましょう
    夜間は気温が低く湿度が高いから、乾燥効率が低くなるよ!

乾燥機タイプによる使用灯油代比較

新型・熱風式乾燥機→遠赤外線式乾燥機「約5% 灯油代削減

旧型・熱風式乾燥機→遠赤外線式乾燥機「約10% 灯油代削減

※同じ初期水分にて弊社調べ。30石乾燥機で1回分を比較。

乾燥機型中大型機種小型機種
初期水分タイプ使用灯油量灯油代使用灯油量灯油代
27%遠赤56.5 7,402円28.33,707円
熱風(新)59.67,808円29.83,904円
熱風(旧)61.28,017円30.6 4,009円
26%遠赤52.06,812円26.0 3,406円
熱風(新)54.87,179円27.43,589円
熱風(旧)56.3 7,375円28.13,681円
25%遠赤47.56,223円23.73,105円
熱風(新)50.06,550円25.03,275円
熱風(旧)51.46,733円25.7 3,367円
24%遠赤43.05,633円21.5 2,817円
熱風(新)45.3 5,934円22.7 2,974円
熱風(旧)46.5 6,092円23.3 3,052円
23%遠赤38.4 5,030円19.2 2,515円
熱風(新)40.5 5,306円20.3 2,659円
熱風(旧)41.6 5,450円20.8 2,725円
22%遠赤33.9 4,441円17.0 2,227円
熱風(新)35.7 4,677円17.9 2,345円
熱風(旧)36.7 4,808円18.4 2,410円
21%遠赤29.43,851円14.7 1,926円
熱風(新)31.0 4,061円15.52,031円
熱風(旧)31.8 4,166円15.9 2,083円
20%遠赤24.9 3.262円12.4 1,624円
熱風(新)26.2 3,432円13.1 1,716円
熱風(旧)26.9 3,524円13.5 1,769円

※上記は、次の条件で求めた計算値
・乾燥レンジ:ふつう  ・仕上水分:14.5%  ・灯油代:131円/L
・張込量:中大型・・・3,000kg、小型・・・1,500kg

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION