明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

ニュースリリース

No.17-026 /2017年9月26日

食の総合見本市「第2回FASE関西2017」に出展

― 光選別機や各種検査機器を展示・実演  ―

BELTUZA(ベルトゥーザ)

 サタケ(本社:広島県東広島市西条西本町2-30、代表:佐竹利子)は、10月11日から3日間インテックス大阪にて開催される、食品工場自動化・安全機器展示会「第2回FASE関西2017」に、豆類などの選別機や検査機器などを出展します。


 「第2回FASE関西2017」(主催:日刊工業新聞社)は、関西・西日本最大級の食品製造技術の総合展示会で、今年は、食品製造や加工関連業者が集結する「第1回FABEXフードテック関西2017」展示会との合同開催となっています。本展示会は、食品製造プロセスに関する幅広い分野の最新技術やサービスを紹介し、関西エリアを中心に業界関係者から注目されています。サタケは、不良品を選別する多用途ベルト式光選別機「BELTUZA(ベルトゥーザ)」や、多用途シュート式光選別機「ピカ選αPLUS(アルファプラス)」などを展示・実演します。


 近年、食品の異物混入など、食の安全・安心に対する意識が高まる一方、食品業界では省力化や生産性の向上が求められています。そのため、異物を選別除去する光選別機の導入も進んでおり、穀類・豆類や加工食品、菓子など幅広く食品業界で活躍しています。


 サタケは本展示会において、製品を紹介すると共に、顧客ニーズや業界動向を把握し、積極的な営業推進を行います。


 なお、サタケ展示は2号館の2R-29ブースにて展示します。開催時間は午前10時~午後5時まで。(出展の概要は別紙を参照)


以上


別紙


1.展示会の概要


 名   称 : 第2回FASE関西2017(「FABEXフードテック関西2017」と合同開催)

 会   期 : 2017年10月11日(水)~10月13日(金)

        10:00~17:00

 会   場 : インテックス大阪、2号館 2R-29ブース

        (大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102)

 主   催 : 日刊工業新聞社

 出展対象  : 自動機器分野、フードセーフティー分野、包装機器分野、その他



2.主な出展機・製品の概要と見どころ

 展示製品展示方法見どころ


多用途ベルト式光選別機
「BELTUZA」
実演 ■色彩選別と形状選別機能を搭載した多用途ベルト式光選別機。
■高輝度・高演色性LEDの採用により、色合いを明確に認識でき、フルカラーカメラにより、高精度な選別が可能。
■形状選別機能により、良品と同色の形状不良品が選別可能。
■自動検量線作成システムを搭載し、現場で簡単に設定可能。
多用途シュート式光選別機
「ピカ選α PLUS」
実演 ■色彩選別と形状選別機能を搭載した多用途シュート式光選別機。
■原料を電磁フィーダからシュートへ安定供給し、フルカラーカメラにより不良品を高精度に除去。
■自動検量線作成システム搭載。
■小型・低価格化を実現。
「レッグアスピレータ」 実演 ■原料と比重の異なる異物を風により選別する風力選別機。
■毛髪や糸くず、紙片、粉塵などを選別除去。
■縦型構造で省スペース設置が可能。
■サニタリー性に優れた構造で、清掃が簡単にでき、水洗いも可能なステンレスボディ。



穀粒判別器
 参考出展  
「醸造用玄米判別パッケージ」
実機展示 ■米を3面(上面・下面・側面)から撮像する高精度な分析器。
■搬送方法の改良により、従来比1.4倍の搬送速度を実現、さらに高性能CPU採用で1000粒あたり約35秒で計測。
■操作パネルにイラストアイコンを多用し、大きな操作ボタンで高い視認性・操作性を実現。
粒状物外観測定器
「グレインスキャナー2」
実機展示 ■穀物をスキャニングし、一粒一粒の色彩や形状などの多数の情報を解析する測定器。
■1000粒あたり約60秒のスピーディな測定が可能。
■自動検量線作成システムを搭載。



「小型製粉ユニット」
 新製品
動画紹介 ■微細粒度の製粉が可能な乾式・湿式製粉に対応できる製粉機。
■米粉パンやお菓子づくりに適した高品質米粉の製造が可能。
■機内残留の削減、部品取り外しの容易化等を実現し、清掃が簡単。
■移動・設置が容易に行えるユニット方式を採用。

※出演者および開催時間は都合により変更する場合があります。


以上

【↑ページトップへ】

※ニュースリリースの内容は発表時のものであり、最新の情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION