明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

次世代育成支援対策行動計画[第3期]

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることにより、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、第1期・第2期行動計画に引き続き、次のとおり第3期行動計画を策定する。

計画期間

平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間

内容

目標1 子に対する家族手当の増額

  • 子育て家族の家計を支援するため、第一、二期に引き続き、手当額の増額を実施する。

目標2 イクじい・イクばあ休暇の新設

  • 子の出産を支援するため、男性社員の配偶者の出産時の取り扱いに準じて、孫の出生当日を含め、暦日連続3日の特別有給を付与する。

目標3 子育てサロンの開設

  • 子育ての悩みを共有し、解決を図るため、社内LAN上に専用のデータベースを作成する。また、仕事と子育ての両立についての意見交換会を定期的に開催する。

目標4 イクメンクラブの開設

  • イクメンに対して各種情報を提供するとともに、イクメン同士の情報交換の場として、社内LAN上に専用のデータベースを作成する。

目標5 男性の育児休暇の取得促進

  • 男性の育児休暇の取得を促進し、かつ長期の休暇を実現するために、新しい制度の検討を行う。

目標6 女性の活躍を推進するための研修の実施

  • 女性従業員を対象とした昇格意欲を向上させるための研修、管理職を対象とした女性の育成に関する研修をそれぞれ行う。

次世代育成支援対策行動計画[第2期]

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることにより、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、第1期行動計画に引き続き、次のとおり第2期行動計画を策定する。

計画期間

平成22年4月1日から平成27年3月31日までの5年間

内容

目標1 子に対する家族手当の増額と対象年齢の引き上げ

  • 子育て家族の家計を支援するため、計画期間中に3段階に分けて「手当額の増額」と「支給対象年齢の22歳への引き上げ」を実施する。

目標2 出産祝金の段階的増額

  • 出産に伴う諸準備を支援するため、計画期間中に2段階に分けて祝金額を増額する。

目標3 社内結婚を推奨

  • 結婚による女性の離職を防ぎ、キャリアを延ばしながら仕事と家庭の両立を実現させるため、社内結婚をしたカップルに結婚祝いの品を贈呈する。
  • また、結婚後2人ともが5年間継続勤務した場合に、サタケ商品購入券を支給する。
  • さらに、子どもを社内保育室に預ける場合は、割引料金を適用する。

目標4 育児のための時間短縮を満9歳まで延長

  • 低学年の児童を抱える家庭を支援するため、現行満8歳の3月末までとなっている育児のための時間短縮を、満9歳まで延長するとともに、始業時の時短を選択できることにする。

目標5 男性の育児休暇にストック有給休暇を使用

  • 男性の休暇を促進し、かつ長期の休暇を実現するため、「男性の育児参加」をストック有給休暇の使用理由に加える。

目標6 不妊治療にストック有給休暇を使用

  • 不妊治療をする社員を支援するため、「不妊治療」をストック有給休暇の使用理由に加える。

目標7 ノー残業デーを増やす

  • 社員の健康を増進し、ワークライフバランスを一層推進するため、現在週1日のノー残業デーを週2日に増やす。

次世代育成支援対策行動計画[第1期]

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることにより、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のとおり行動計画を策定する。

※サタケは「広島県仕事と家庭の両立支援企業」として登録されました。

計画期間

平成17年4月1日から平成22年3月31日までの5年間

内容

目標1 子に対する家族手当の増額と対象年齢の引き上げ

  • 平成19年5月までに、意義の薄れた配偶者への手当を段階的に無くして、子どもに振り向ける。
  • 平成18年5月より、子どもの支給対象年齢を18歳から20歳に引き上げる。

目標2 出産祝金の段階的増額

  • 平成21年5月までに、出生時の負担を軽減するため出産祝金を段階的に増額する。

目標3 ストック有給休暇の「家族の看護」での使用可

  • 平成17年4月より、「3日以上入院した家族の看護をする場合」に、4日目よりストック有給休暇が使用できる。
◎ストック有給休暇とは?

時効で消滅する有給休暇のうち、年間10日、上限30日まで 積み立てることができる。これまでは「本人傷病により5日以上連続して休業する場合」に、6日目より使用できた。

目標4 子供の出生時に父親が特別有給休暇の取得可

  • 平成18年4月より、子供の出生時に父親に出生日を含めて暦日連続3日間の特別有給休暇を認める。

※「暦日連続」とは、その期間中にある土・日・祝日も含める

目標5 毎年1人以上の男性社員の育児休職取得

  • 平成17年6月より、社内電子掲示板、社内報等を活用して、男性社員も育児休職を取得できることを周知させる。
  • ◎資料:男性社員向け育児休職制度の紹介(1)
        男性社員向け育児休職制度の紹介(2)

  • アンケート,労使協議会等を通じて社員の意見を収集し、それを反映させたサポート体制を構築する。
  • 会議,研修等を通じて管理職に理解の徹底を図る。男性の育児参加促進事業実施事業主指定(広島県第一号)

目標6 夏休みに「お米の学校」を開校

  • 子育て地域貢献活動として平成17年から、毎年夏休みに「お米の学校」を開き、お米の知識を深めてもらう。
◎お米の学校の概要
  • 地元の小学生を対象に20~30名程度を公募(地域紙等に掲載)
  • お米の種類,構造,性質等についての講義
  • 家庭用精米機の実演,胚芽米やマジックライスの試食
  • サタケ歴史館とショールームの見学、等

「お米の学校」についての詳細はこちら

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION