明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

会社の沿革

1896年
(明治29年)

  • 初代社長佐竹利市が日本で最初に動力式精米機を考案し、生産販売を開始。

1922年
(大正11年)

  • 砥石の焼成炉を築き、醸造用精米機の超硬質研削砥石の焼成に成功。

1925年
(大正14年)

  • 研削砥石による高速精米機を完成。

1940年
(昭和15年)

  • 2代目社長佐竹利彦が学界初の体系的精穀理論を発表。今日の工学的精米理論の基礎となる。

1944年
(昭和19年)

  • 初代社長佐竹利市が精米機の発明改良につくした功績により、斯界初の藍綬褒章を授与された。

1950年
(昭和25年)

  • 2代目社長佐竹利彦が精穀機発明の功績で藍綬褒章を授与された。

1955年
(昭和30年)

  • 食糧用パールマスター精米機発売。脚光を浴びる。

1956年
(昭和31年)

  • 農家用ワンパス精米機発売。脚光を浴びる。

1957年
(昭和32年)

  • パールマスター精米機とワンパス精米機が業界初のグッドデザイン賞(Gマーク)受賞。

1958年
(昭和33年)

  • 初代社長佐竹利市が科学技術の振興に尽くした功績により、勲四等に叙せられた。

1962年
(昭和37年)

  • コンパス精米機を発売し、政府の精米集中化政策の礎を築き、大型精米設備の独占供給を開始。

1963年
(昭和38年)

  • 農林省指定モデル精米工場(30工場)全てをサタケコンパス精米機が独占受注。

1964年
(昭和39年)

  • 政府指定のモデルプラントである本邦初のカントリーエレベーター(3ヶ所)すべてをサタケが独占受注。

1965年
(昭和40年)

  • モータ直結の農家用モーターワンパス精米機を発売。

1966年
(昭和41年)

  • 従来の10倍の乾燥速度を持つテンパリング乾燥機の開発に成功。
                        

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION