明日を創る力「サタケ」

SATAKE GLOBAL

現在のページ

教育・研究に対する支援

「日本が世界で、さらに伸びていくための資源は頭脳しかない。大学は日本の将来を担う優秀な人材を育てる場所であり、これを支援することは企業としても一市民としても社会的な義務である。」サタケはそう考えます。

サタケは、日本に限らず広く世界の穀物科学の研究を支援し、また穀類加工技術の教育・研修にも力を注いでいます。世界の三大主食である米と小麦とトウモロコシの分野で長年に亘る実績を誇るサタケは、穀物科学がますます発展するために尽力してまいります。

(1)財団法人広島大学後援会

1997年6月にサタケ基金を設立して以来、同後援会の支援をしています。広島大学の教育・研究活動に対する援助を通して、我が国ならびに世界の学術研究の進展に寄与することを目指しています。

(2)世界の大学への研究支援

アメリカでは穀類加工技術のメッカ、ルイジアナ州立大学やアーカンソー大学ならびにカンサス州立大学に精米プラント等を寄贈したり寄付を行っています。イギリスではマンチェスター大学(旧マンチェスター工科大学)に「穀類加工研究センター」を設立し、若い優秀な研究者を育てております。
また、タイ国スラナリ工科大学へは共同研究用のバイオマスガス化発電設備を設置しています。

 

(3)公益財団法人 サタケ技術振興財団

1984年3月に財団を設立、大学の研究者に対する研究助成金を提供し、人材育成を支援しています。また、植物学研究等への奨励援助も行っています。

«サタケ技術振興財団について

 

(4)各種セミナーの開催

アメリカ、イギリス、中国をはじめ、世界各国で精米セミナーや製粉セミナーを随時開催し、穀類加工技術の発展に貢献しています。

(5)国際協力事業団への協力

1973年より国際協力事業団の研修コースとして、精米加工技術に関する研修を実施しています。また同事業団からの要請に応えて、海外に講師の派遣も行っています。

(6)食育への取り組み

サタケは食育支援として2005年7月より「お米の学校」を開催、お米の学習や精米体験等を実施しています。また、精米のしくみや歴史を学べる本「お米のひみつ」を発刊。さらに、学習教材として「精米学習キット」を製作し多くの子供達に利用されています。

「お米の学校」についての詳細はこちら

(7)美味技術研究会

美味技術研究会は、食に係わる課題を具体的に取り上げ、産官学分野の専門家をはじめ生産者や消費者が連携・協力して解決のための論議を起こし、美味技術のあるべき姿を求めていくことを目標に平成14年2月に設立され、今日まで多様な活動を続けています。サタケは美味技術研究会に対し事務局として、またさまざまな角度からの支援を行っています。

「美味技術研究会」ホームページ

【↑ページトップへ】

サイト情報

© 2000 SATAKE CORPORATION